歯科保存学教室

診療内容記事一覧

保存科では、『歯を抜くことなく保存すること』を目指しており、主にむし歯の治療と、歯の根の治療(根管治療)を行っています。むし歯の治療では、歯に接着する材料を駆使して歯を削る量を最小に抑えた治療や、歯の神経をできるだけ保存するような治療を心がけています。歯の根の治療では、「歯を拡大して診ることのできる」歯科用顕微鏡を用いた診療を実践しており、なかなか治りの悪い根の病気(難治性根尖性歯周炎)にも対応し...

page top