歯科保存学教室

保存科の診療内容

保存科では、『歯を抜くことなく保存すること』を目指しており、主にむし歯の治療と、歯の根の治療(根管治療)を行っています。むし歯の治療では、歯に接着する材料を駆使して歯を削る量を最小に抑えた治療や、歯の神経をできるだけ保存するような治療を心がけています。歯の根の治療では、「歯を拡大して診ることのできる」歯科用顕微鏡を用いた診療を実践しており、なかなか治りの悪い根の病気(難治性根尖性歯周炎)にも対応しております。

 

う蝕の診断および修復治療

 虫歯(う蝕)に冒された部分に対処し、歯髄を保護する処置を行った後、樹脂(コンポジットレジン)、金属、セラミックなど により歯の形態と機能を回復します。

 

変色歯の治療

 変色歯を漂白したり、歯の表面をセラミックで覆う(ラミネートベニア)といった治療により、歯の審美性を向上させます。

 

象牙質知覚過敏症の治療

 虫歯でないのにしみたり痛む歯(象牙質知覚過敏症)の診断と治療を行います。

 

歯内疾患の診断および治療(保存ならびに除去療法)

 虫歯が神経まで達して激しい痛みをもつ状態(歯髄炎)の歯には、炎症歯髄をキレイに取り除いて痛みを取ります。

 

根尖性歯周疾患の診断および治療(外科的処置を含む)

  歯の中の根(根管)が細菌に感染すると、噛むと痛かったり、歯ぐきが腫れたり、膿が出てきたりします。そのような歯の感染 部分を取り除 いて健康な状態に戻す治療(根管治療)を行っています。通常の歯の状態で治りにくい場合には、外科手術で根 の一部を取り除いたり、原因となっている部分を閉鎖することもあります。

 

歯牙再植法による歯の保存的治療

  破折した歯の治療を行っています。歯が根を含んで破折した場合などこれまでは抜くしかなかった歯でも、可能なものについては、一旦歯を抜いて接着した後元に戻す手術(再植手術)や外科手術により保存することに取り組んでいます。

page top