時計

大阪大学歯学部附属病院総合技工室

大阪大学歯学部附属病院

大阪大学歯学部附属歯科技工学校 同窓会 歯技会

卒業



■ 歯科技工士の仕事
について

日本歯科医師会ホームページ
歯科技工士の仕事内容が
動画で紹介されています。

日歯8020テレビ



■ デンタクト・モデル

視覚障害のある人の口腔健康教育に使用できる口腔内模型
デンタクト・モデル

デンタクト・モデル

2017年度グッドデザイン賞
受賞しました。

グッドデザイン

学校長挨拶大阪大学歯学部附属歯科技工士学校 教育要項(シラバス)
 

歯科技工特論

   ▶授業概要  ▶学習目標  ▶授業計画・評価方法  ▶詳細     

授業概要

授業時期: 前 期 ・ 後 期 年 次: 2 年 単位数 : 1
主な授業場所: 第二講義室  
授業の目的および概要
    歯科技工士を取り巻く現状を理解し、
医療の一員として正しく行動できるようになるために、
歯科技工を取り巻く様々な問題点に対応できる能力を修得する。

学習目標(SBOs)

1. 日本国内における歯科技工士の現状を外国と比較して説明できる
2. 現在の歯科技工士に求められる事柄を説明できる
3. 技術を向上、吸収するための要件を説明できる
4. 技工領域におけるStandard precautions(標準予防策)に基づいた
  感染症対策の必要性と手法を説明できる
5. 「手指評価キット」を用いた手指洗浄の客観評価習得と「衛生的手洗い」ができる
6. 教示内容に対する関心を示すことができる

授業計画・評価方法

授業計画
授業形態 学 年 項 目 授業内容 担当教員
1~2 講 義 2 院内感染予防 感染症の基礎知識 大西 正和
3~4 講 義 2 院内感染予防 院内感染とその予防 大西 正和
5~6 講 義 2 歯冠彫刻 自然界の法則に沿った歯の形態 谷内 秀寿
7 講 義 2 歯科技工業界環境 現在の歯科技工業界環境 木林 博之
8~9 講 義 2 有床義歯の臨床 有床義歯における基礎と臨床の違い 伊藤 泰之
10~11 講 義 2 未来の歯科技工環境 歯科技工の近未来像 藤原 芳生
           
評価方法
  対応SBOs 目 的 領 域 期 間 方 法  
1 1~5 総括的評価 知識 講義終了後 レポート  
2 4 総括的評価 態度・習慣 講義終了後 感想文  

詳 細

教科書・教材
 配付プリント
 
注意事項