時計

大阪大学歯学部附属病院総合技工室

大阪大学歯学部附属病院

大阪大学歯学部附属歯科技工学校 同窓会 歯技会

卒業



■ 歯科技工士の仕事
について

日本歯科医師会ホームページ
歯科技工士の仕事内容が
動画で紹介されています。

日歯8020テレビ



■ デンタクト・モデル

視覚障害のある人の口腔健康教育に使用できる口腔内模型
デンタクト・モデル

デンタクト・モデル

2017年度グッドデザイン賞
受賞しました。

グッドデザイン

学校長挨拶大阪大学歯学部附属歯科技工士学校 教育要項(シラバス)
 

矯正歯科技工学

   ▶授業概要  ▶学習目標  ▶授業計画・評価方法  ▶詳細     

授業概要

授業時期: 後 期 年 次: 1年 単位数 : 1 
主な授業場所: 第一講義室
 
授業の目的および概要
    不正咬合患者の頭蓋顎顔面の特徴を理解し、
正常な顎口腔の機能と審美を得る装置が製作できるようになるために、
矯正歯科技工学に関する知識および態度・習慣を修得する。

学習目標(SBOs)

1. 正常咬合の種類と不正咬合の分類を説明できる
2. 矯正用口腔模型の種類、特徴および製作上の注意点を説明できる
3. 矯正装置と保定装置の必要条件、分類を説明できる
4. 教示内容に対する関心を示すことができる

授業計画・評価方法

授業計画
授業形態 学 年 項 目 授業内容 担当教員
1 講 義 概 説 矯正歯科における特徴 黒坂 寛
2~4 講 義 咬合異常 正常咬合、咬合異常および 黒坂 寛
アングルの不正咬合の分類
5~6 講 義 矯正治療 矯正歯科治療と歯科技工の関わり 黒坂 寛
7~9 講 義 矯正装置 静的矯正装置、リテーナー 黒坂 寛
10 講 義 矯正歯科技工 矯正歯科技工における器具、器械および手技 黒坂 寛
評価方法
  対応SBOs 目 的 領 域 期 間 方 法  
1 1~3 総括的評価 知識 講義終了後 筆答試験  
2 4 総括的評価 態度・習慣 講義終了後 感想文  

詳 細

教科書・教材
 新歯科技工士教本 矯正歯科技工学
 
注意事項