研究業績|和文誌発表

2019
  • 山根尚弥,毛利泰士,中島好明,安藤早礎,藤代千晶,村上旬平,秋山茂久. 早期体験実習としての障害者支援施設見学での歯学部学生の学び. 障害者歯科 2019:40(1):72-79.
2018
  • 藤代千晶,村上旬平,松川綾子,財間達也,藤川順司,秋山茂久. 1p36欠失症候群の4例. 障害者歯科 2018:39(4):424-431.
  • 松川綾子,村上旬平,三原丞二,畔柳知恵子,田中健司,藤代千晶,財間達也,藤川順司,秋山茂久. Smith-Magenis症候群の歯科的所見.障害者歯科 2018:39(1):38-44.
  • 田中健司,廣瀬陽介,三浦麻衣,毛利泰士,村上旬平,秋山 茂久. 2q23q24.2欠失症候群の歯科治療経験.障害者歯科 2018:39(1):16-22.
2017
  • 白川哲夫, 秋山茂久, 堤香奈子, 森崎市治郎, 田村文誉, 保母妃美子, 菊谷武, 玄景華, 武井浩樹, 高森一乗. レット症候群患者の口腔機能障害の把握と歯科医療支援.障害者歯科 2017:38(2):140-147.
  • 道満 朝美, 山下 智章, 池上 真里佳, 杉村 智行, 三島 信之, 秋山 茂久. 脊髄髄膜瘤を有する二分脊椎症患者の静脈内鎮静法下歯科治療時に体位への配慮を行った1症例.障害者歯科 2017:38(2):162-166.
  • 村上旬平,稲原美苗,竹中菜苗,青木健太,新家一輝,松川綾子,有田憲司,秋山茂久.障害者歯科医療における障害のある子どもをもつ親への支援-学際的研究からみえる現象-.障害者歯科 2017:38(1),16-23.
  • 加納慶太,村山高章,白杉迪洋,山本敏郎,金村成智,秋山茂久,森崎市治郎.多発血管炎性肉芽腫症起因の全盲患者に生じた口腔科学熱傷例.障害者歯科 2017:38(1),36-40.
  • 堤香奈子,村上旬平,藤代千晶,中村由貴子,廣瀬陽介,大西智之,岡雅子,秋山茂久,森崎市治郎.Rett症候群の歯科的所見.障害者歯科 2017:38(1),69-73.
2016
  • 田中 健司, 廣瀬 陽介, 吉田 好紀, 柴田 麻未, 若松 匠子, 関根 伸一, 村上 旬平, 秋山 茂久.当診療所を受診した認知症患者の歯科的実態調査.障害者歯科 2016:37(4),439-444.
  • 加納 慶太, 村山 高章, 平川 寛, 佐藤 容子, 山本 俊郎, 金村 成智, 秋山 茂久, 森崎 市治郎.Angelman症候群の全身麻酔下抜歯経験.障害者歯科 2016:37(4),414-418.
  • 青木健太.話すことと聞くことによる発見について.臨床哲学 2016:第18号 159-174.
  • 藤代千晶,森崎市治郎,村上旬平,財間達也,田中健司,堤香奈子,関根伸一,秋山茂久.多数の先天性欠如歯がみられたアテトーゼ型脳性麻痺の姉妹例.障害者歯科 2016:37(1),35-41.
2015
  • 財間達也, 村上旬平, 三浦研爾, 菅野亜紀, 高岡 裕, 森崎市治郎.視覚障害のある人への「合理的配慮」実現に向けた歯科領域での取り組み.医療情報学 2015:35(4),151-156.
2014
  • 筒井睦, 中村紀子,松尾文,淀川尚子,永田幸子,嘉藤幹夫,秋山茂久.6pトリソミー症候群時に対する対応.障害者歯科 2014:14巻3号,646-651.
  • 村上旬平.歯科領域における障害のある人への対応と課題-障害者歯科の現状から-.信学技報 2014:114巻217号,61-62.
2013
  • 緒方 克也, 森崎 市治郎, 向井 美惠.障害者歯科におけるDown症候群の急激退行症例の経験に関する調査報告.障害者歯科 2013:34巻1号, 19-26.
2012
  • 森崎市治郎.(総説)【日中障害者歯科医療の現状】 日本における障害者の歯科医療.日中医学 2012:27巻1号, 5-10, 27-31.
2011
  • 中島和江, 本間覚, 玉木長良, 金子道夫, 名川弘一, 原田賢治, 長村文孝, 大川淳, 倉林亨, 鳥谷部真一, 後藤百万, 相馬孝博, 武田裕, 高橋りょう子, 森崎市治郎, 前田潔, 江原一雅, 富永隆治.国立大学附属病院における「診療行為に関連した死亡の調査分析モデル事業」の利用経験とその評価.医療の質・安全学会誌 2011:6巻3号,332-345.
  • 松木響子,秋山茂久,福留麗実,高田勇之介,村上旬平,森崎市治郎.永久歯20本を2週2度にわたり自己抜歯した知的障害者の1例.障害者歯科 2011:32巻1号, 44-48.
2010
  • 鍵和田沙紋,村山高章,中谷友恵,森崎市治郎.インフリキシマブの関与が疑われた関節リウマチ患者の下顎骨骨髄炎の1例.障害者歯科 2010:31巻4号, 763-768.
2009
  • 森崎市治郎.(総説)少子化時代の障害児に対する歯科保健と治療.小児歯科学雑誌 2009:47巻5号, 665-672.
2008
  • 堤香奈子,木村敬次リチャード,田中健司,秋山茂久,村山高章,磯彰格,森崎市治郎.障害者施設入所者における歯科診療所開設後12年間の歯と口腔衛生状態の変化.障害者歯科 2008:29巻4号, 645-652.
  • 田中健司,木村敬次リチャード,高田勇之介,秋山茂久,村上旬平,森崎市治郎.障害者の全身麻酔下で行った下顎埋伏智歯の状態と手術時間の検討.障害者歯科 2008:29巻4号, 619-624.
  • 稲田朱美,落合智子,福留麗実,村上旬平,秋山茂久,森崎市治郎.知的障害を伴う混合歯列期小児に行った咬合誘導の2症例.障害者歯科 2008:29巻1号, 63-70.
2007
  • 河合峰雄,水野誠,山下智章,釜田隆,内橋康行,大黒博司,高木景子,杉村智行,百瀬深志,梅村智,西條晃,秋山茂久,森崎市治郎,小谷順一郎.口腔保健センターにおける地域の歯科医師会と常勤歯科麻酔医の役割.障害者歯科 2007:28巻4号, 601-606.
  • 木村敬次リチャード,村上旬平,高田勇之介,田中健司,秋山茂久,森崎市治郎. 全身麻酔下で歯科治療を受ける障害者と保護/介護者のためのクリニカルパス. 障害者歯科 2007:28巻4号, 616-620.
  • 山下智章,河合峰雄,水野誠,梅村智,釜田隆,杉村智行,高木景子,大黒博司,百瀬深志,内橋康行,西條晃,秋山茂久,森崎市治郎,小谷順一郎. 当センターにおける日帰り全身麻酔下歯科治療に関するアンケート調査. 障害者歯科 2007:28巻2号, 110-116.
  • 福留麗実,村上旬平,堤香奈子,秋山茂久,森崎市治郎. 視覚障害者への点字と触図を用いた歯周疾患指導管理票の試作. 障害者歯科 2007:28巻2号, 154-157.
  • 木本雅子,小畑文也,森田展雄,秋山茂久,森崎市治郎. 地域の一般歯科医院で障害児歯科診療を改善するために行ったフォーカスグループインタビュー応用のニーズ分析と対応. 障害者歯科 2007:28巻1号, 40-47.
2006
  • 宮城敦,奥村ひさ,小松知子,石川雅章,池田正一,三輪全三,緒方克也,芝地治子,福田理,森崎市治郎,妻鹿純一,玄景華. 歯肉腫脹の客観的評価とその対応 服薬、機能、ケア状態との関連. 障害者歯科 2006:27巻4号, 599-604.
2004
  • 村山高章,森崎市治郎. 半側(片側)肥大症の1例. 障害者歯科 2004:25巻2号, 161-167.
  • 村山高章,小松麻理,森崎市治郎. ダウン症候群の成人に発症した急性化膿性顎関節炎の1例. 障害者歯科 2004:25巻1号, 38-42.
  • 村山高章,小松麻理,村上旬平,秋山茂久,森崎市治郎. PCR法によって診断された猫ひっかき病の1例. 小児歯科学雑誌 2003:41巻4号, 751-755.
2003
  • 小畑由佳,村山高章,森崎市治郎. 口腔に多彩な所見を認めたターナー症候群の1例. 障害者歯科 2003:24巻4号, 582-587.
  • 田中智子,村上旬平,榊間裕紀子,秋山茂久,森崎市治郎. 自閉症児の保護者と協力して行った視覚的支援ツールを用いた歯科治療経験. 障害者歯科 2003:24巻2号, 206-209.
  • 村山高章,小松麻理,甲村真理,森崎市治郎. 高齢者の顎関節脱臼整復後の顎間固定にIMFスクリューシステムを使用した経験. 障害者歯科 2003:24巻4号, 598-602.
  • 入江正郎,鈴木一臣,秋山茂久,森崎市治郎. 試作光硬化型グラスアイオノマーの高齢者用及び訪問診療用修復材としての可能性. 日本歯科医学会誌 2003:22巻, 70-75.
2002
  • 森崎市治郎. 薬物誘発性歯肉肥大の発症要因解析. 大阪大学歯学雑誌 2002:46巻2号, 55-61.
  • 原淳一郎,大黒博司,森崎市治郎,村内光一,梅村智,池端幸成,石田良介,大栗司,木原公一,大谷嘉信,永末真嗣,吉本正直,米谷安史,足立裕康,川田義典,福家秀一,豊川輝久,澤田隆,中塚裕.反すう習癖を有する知的障害者の症例報告.歯界月報 2002:611号.
2001
  • 天野敦雄.感染症としての歯周炎:細菌学的診断法と予防法の可能性.大阪大学歯学雑誌 2001:45巻2号, 49-54.
  • 秋山茂久,村上旬平,小西敬子,森田剛敏,福井夏子,榊間裕紀子,田中智子,天野敦雄,森崎市治郎. エルビウムヤグレーザーの知的障害者への応用. 障害者歯科 2001:22巻1号, 50-53.
  • 森崎市治郎. 平成12年4月診療報酬改定における障害者の初診時歯科診療導入加算について 行動変容技法の意義と応用法. 日本歯科医師会雑誌 2001:53巻11号, 1057-1064.
2000
  • 雫石聰,舘村卓,前田芳信,森崎市治郎,恵比須繁之,松矢篤三,大阪大学歯学部附属病院介護保険ワーキンググループ. 介護保険制度における歯科大学・歯学部附属病院の役割に関する調査. 大阪大学歯学雑誌 2000:45巻1号, 18-23.
  • 福井夏子,加藤隆大,林美貴子,村上旬平,小西敬子,上田甲寅,秋山茂久,森崎市治郎. 高濃度フェニトイン含有飼料を与えたラットにおける薬物誘発性歯肉肥大. 障害者歯科 2000:21巻3号, 304-309.
  • 林美貴子,秋山茂久,上田甲寅,藤森靖史,天野敦雄,森崎市治郎. 大学病院障害者歯科外来受診者の摂食に関するアンケートの結果. 障害者歯科 2000:21巻2号, 231-238.
  • 小西敬子,村上旬平,上田甲寅,秋山茂久,天野敦雄,森崎市治郎. 歯科診療への適応行動を育てるための間接的モデリングツールの試み. 障害者歯科 2000:21巻1号, 70-73.
1999
  • 秋山茂久,村山高章,森田剛敏,天野敦雄,森崎市治郎,磯彰格. 施設入所精神発達遅滞者における有床義歯に関する調査 義歯の保有と使用の実態. 障害者歯科 1999:20巻3号, 292-297.
  • 福井夏子,加藤隆大,小西敬子,大黒博司,天野敦雄,森崎市治郎. DiGeorge症候群児の歯科的所見 口腔領域の臨床的特徴及び乳歯の組織学的検索. 障害者歯科 1999:20巻1号, 97-101.
  • 貴島徹彦,天野敦雄,村上旬平,林美貴子,秋山茂久,森崎市治郎. ダウン症候群児のpolymerase chain reaction法による歯肉縁下プラーク歯周病原性菌の検出. 障害者歯科 1999:20巻1号, 31-37.
1998
  • 村山高章,森崎市治郎,岩坪れい子. 家族性低リン血症性ビタミンD抵抗性くる病の1例. 障害者歯科 1998:19巻3号, 329-333.
  • 古市健吾,秋山茂久,藤森靖史,森田剛敏,村山高章,天野敦雄,森崎市治郎. 歯学部附属病院の障害者歯科受診者における口腔外傷の実態. 障害者歯科 1998:19巻3号, 289-296.
  • 広西真弓,大黒博司,福井夏子,天野敦雄,森崎市治郎. 障害者歯科におけるCastillo-Morales口蓋床の応用と臨床評価. 障害者歯科 1998:19巻2号, 227-235.
  • 森裕子,秋山茂久,石田良介,祖父江鎭雄,天野敦雄,森崎市治郎. 精神・心理的な摂食障害を有する患者の口腔症状と歯科治療経験. 障害者歯科 1998:19巻1号, 45-51.
1997
  • 秋山茂久,玉田明英,森崎市治郎,久保寺知子,久保田一見,池田正一,柳瀬博,渥美信子,福田理,白石剛,高橋信彰,栄田和,酒井信明.無痛無汗症(遺伝性感覚性自律神経症IV型)の14症例にみられた歯科的所見.障害者歯科 1997:18巻2号,185-190.
  • 森裕子,三原丞二,秋山茂久,南一恵,森崎市治郎.Professional Mechanical Tooth Cleaning (PMTC) の成人障害者への応用:歯周組織とう蝕活動性の変化.障害者歯科 1997:18巻1号,28-34.
1996
  • 三原丞二,久保雅子,秋山依子,森崎市治郎.ニフェジピン誘発性歯肉肥大の症例:Ca拮抗薬の服用中および中止後の歯周組織変化.障害者歯科 1996:17巻2号, 168-174.
  • 秋山茂久,森崎市治郎,堀雅彦,村内光一,楽木正実,西田百代,渡部茂,緒方克也.ダウン症におけるてんかんの既往と口腔内の状態に関する小規模調査の結果.障害者歯科 1996:17巻2号, 188-194.
  • 南一恵,大黒博司,岡田幸明,池岡憲之,薗富士雄,森崎市治郎.薬物誘発性歯肉肥大に歯周炎を合併した患者の歯周治療.障害者歯科 1996:17巻3号, 246-251..
1995
  • 南一惠,森崎市治郎. 心因性障害に起因した小児の習慣性頬粘膜咬傷の難治症例. 小児歯科学雑誌 1995:33巻5号, 1124-1130.
  • 中村泰子,大黒博司,南一恵,森崎市治郎. von Recklinghansen病児2例の歯科的所見:顔面および口腔症状の比較. 障害者歯科 1995:16, 215-220.
  • 森崎市治郎,丸川依子,加藤一生,木村重信. ニフェジピン投与ラットにおけるActinomyces viscosus 感染のう蝕と歯周組織に及ぼす影響. 障害者歯科 1995:16, 3-8.
  • 藤本直樹,木村重信,浜田茂幸,森崎市治郎. HIV感染者の歯周炎に関する臨床的,細菌学的ならびに免疫学的検討. 障害者歯科 1995:16, 172-179.
  • 秋山依子,森裕子,中村泰子,森崎市治郎. ラットのフェニトイン誘発性歯肉肥大における薬剤の投与量,投与開始日齢および投与期間と肥大の程度との関係. 障害者歯科 1995:16, 242-248.
1994
  • 南一惠,岸本桂子,鈴木敦子,松木香,岡本亜希子,大嶋隆,森崎市治郎,祖父江鎮雄. 前思春期性歯周炎で認められた急性歯槽骨吸収. 小児歯科学雑誌 1994:32, 595-600.
  • 深井貴子,丸川依子,大黒博司,加藤一生,森崎市治郎. Williams症候群児の歯科的所見:口腔領域の臨床的特徴および乳歯における象牙質異形成の所見. 障害者歯科 1994:15, 260-265.
  • 丸川依子,森裕子,加藤一生,大黒博司,森崎市治郎. ラットにおけるシクロスポリンA誘発性歯肉肥大:歯肉肥大の重症度と薬物の経口投与量および血液濃度との相関性. 障害者歯科 1994:15, 143-148.
1993
  • 加藤一生,森崎市治郎. ファンコニ症候群のラット実験モデルにおける歯牙硬組織所見. 小児歯科学雑誌 1993:31巻5号, 895-902.
  • 深井貴子,笵新芳,木村重信,原田泰,山路昭,米田該典,林秀枝,栢豪洋,岡田宏. 六神丸の歯周病原性細菌に対する抗菌活性. 日本歯科保存学会雑誌 1993:36, 1209-1216.
  • 笵新芳,深井貴子,木村重信,岡田宏,林秀枝,森崎市治郎,松尾繁,栢豪洋. 六神丸の歯周治療への応用. 日本歯科保存学会雑誌 1993:31, 895-902.
  • 加藤一生,丸川依子,森裕子,三原丞二,森崎市治郎. ラットにおけるニフェジピン誘発性歯肉肥大:発現の年齢依存性について. 障害者歯科 1993:14, 123-127.
  • 宋連玉,加藤一生,大黒博司,森崎市治郎. 胆道閉鎖症児15症例の歯科所見. 障害者歯科 1993:14, 149-153.
1992
  • 森崎市治郎,加藤一生,南一恵,他. ラットにおけるニフェジピン誘発性歯肉肥大 投与期間と肥大との関係. 障害者歯科 1992:13巻2号, 157-161.
1991
  • 丸川依子,新谷誠康,森崎市治郎, 祖父江鎮雄. Primordial Dwarfism症児の歯科的所見. 大阪大学歯学雑誌 1991:36巻2号, 533-537.
  • 加藤一生. 高ビリルビン血症による歯牙着色に関する実験病理組織学的研究. 大阪大学歯学雑誌 1991:36巻2号, 415-432.
  • 足立ちあき,北村京一,加藤一生,吉田美香,森崎市治郎,祖父江鎮雄. 免疫抑制剤Cyclosporin-Aで誘発される歯肉増殖-ラット系統間の比較-. 小児歯科学雑誌 1991:29巻, 24-31.
  • 森崎市治郎,足立ちあき,加藤一生,石田良介,丸川依子,祖父江鎮雄. フェニトイン投与がStreptococcus mutans 感染ラットのう蝕に及ぼす影響. 障害者歯科 1991:12巻1号, 17-21.
  • 加藤一生,森崎市治郎. ニフェジピン投与がStreptococcus mutans 感染ラットのう蝕に及ぼす影響. 障害者歯科 1991:12巻1号, 159-163.
1990
  • 三原丞二.ヒト歯肉線維芽細胞の in vitro 培養系における胸腺細胞刺激因子の誘導と同因子の同定.大阪大学歯学雑誌 1990:35巻1号, 22-40.
  • 足立ちあき,森崎市治郎,三原丞二,他. 抗けいれん薬の服用あるいは歯肉肥大症とう蝕に関する臨床的観察. 障害者歯科 1990:11巻2号, 43-49.
1889
  • 北村京一,森崎市治郎,祖父江鎮雄. ラットにおけるミュータンスレンサ球菌に対する免疫応答 感染後の経時的変化について. 小児歯科学雑誌 1989:27巻2号, 317-323.