English

入局希望者へ

 大阪大学歯学部附属病院顎口腔機能治療部(顎治)は、大学病院を中心に、全国の関連施設や連携大学と協力をしながら、臨床、研究、教育を行っています。その中で、若手歯科医師の教育は最も重要な分野の一つであり、次世代の歯科医師を育成することは、大阪大学歯学部の重要な役割だと考えています。

 顎治では、摂食嚥下障害・睡眠時無呼吸症・構音障害・ドライマウス等についての臨床研究、唾液腺など臓器再生をめざした基礎研究に力を入れており、数多くの新しい分野の業績を残しています。大学院時代にこれらの研究に従事することで、しっかりとしたresearch mindを身につけることができます。国内学会のみならず、国際学会での発表の機会もあります。また、関連施設を有効に活用し、共同研究にも積極的に参加してもらっています。海外留学のサポートもしています。

 若手歯科医師は、すぐに簡単に成長できることが重要だと思いがちです。もちろん、成長できることは大切ですが、目先の技術習得を目標にするのではなく、常に「10年後の自分」の姿をイメージし、そこに自らの目標を設定することが大切だと考えています。近年、顎治に魅力を感じて、近畿圏内だけでなく、東京や中国・四国、九州、沖縄などの遠方から国内留学に来られるようになりました。シニアクラスの歯科医師や歯科衛生士が開業後や就職後であっても、一時休職され、勉強に来られる姿には感銘を受け、我々自身も共に学ばせていただいています。

 入局を希望される方は、大阪大学出身者にかぎらず、熱意があれば歓迎いたします。同じ目標を持って切磋琢磨できるということは、個々が成長していく上で大きな財産になると思っています。全国各地からやる気のある若者が顎治の門戸を叩いてくれることを祈っています。見学を希望される方は、大歓迎です。顎治の魅力を実際に感じてください。見学希望者や相談質問がある方は、下記まで連絡をお願いします。

阪井丘芳

大阪大学歯学部附属病院顎口腔機能治療部
住所 〒565-0871 大阪府吹田市山田丘1-8
連絡先 TEL.06-6879-2276, 2278/FAX. 06-6879-2279

教室OBや非常勤講師の
コメント




Copyright © 2018 大阪大学歯学部附属病院
顎口腔機能治療部
トップへ戻るボタン